アラサー働き女子のための 出会い革命

宇宙の外から変化を起こす『認識技術(n-tech)』を活用し、日常の変化からOne Worldまでの出逢い革命を起こします!

東北を応援したい東京に住む人へ

突然ですが

私は東北出身です。

 

福島県で生まれ育ちました。

 

 

今、東京にきて12年経つのですが

地元の外に出て思うのが

「めちゃくちゃ閉鎖的だったなー。。」

ということです。

 

 

---

 

井の中の蛙大海を知らず』

ということわざもありますが

 

 

私自身がまさにそれで

特に中学生までのわたしにとっては

地元が世界のすべてでした。

 

f:id:mikari9:20181113190411j:image

 

↑実家からの風景

 

 

 

ご近所づきあいが密だからこそ

隣近所の人にどう思われるかが気になるし

噂もすぐに広まります。

 

 

私は人一倍

相手にどう思われるか、気にしていたと思います。

 

 

『〇〇さんちのみかりちゃん』

という風に呼ばれることも多いため

 

家族が変に思われないようにも

いい子でいるようにしていました。

 

 

同級生も少なく

ほとんど同じメンバーで9年間すごし

とにかく、息苦しかった。

 

 

こういった感覚というのは

田舎独特のものだったんだなーと

今になっては思います。

 

 

 

---

 

 

地元が好きか?!

と問われたら

私はあまり好きではないです。

 

 

閉鎖的で

新しいことには不信がおきて

コミュニティに縛られている。

 

 

いやだなー、と思いつつ

でも、、

どこかでやっぱり気になっています。

 

 

 

3.11の東日本大震災があった後からは

福島出身というだけで心配され

今までと地元のみられ方が大きく変わったことに

一人で涙したことも何度かあります。

 

 

意識的には思っていなくても

無意識的に、やっぱり好きなんだなー。。

なんて思ったりします。

 

 

 

東北が、もしも元気になったら

可能性がすごくあるなって感じています。

 

それくらい、限界も多い地域だから。

 

 

 

 

私の仲間で、

東北を元気にしよう!と

奔走している子がいます。

 

その子の活動をみていると

頭が下がります。。

 

 

ありがたいなあと思って。

 

 

 

そんな彼女がゲストに呼ばれている

東北応援のイベントが今週末金曜夜に開催されます!

 

 

ぜひ、ご興味ある方、

一緒に参加しましょう(*´ `*)

 

 

詳細はこちらです↓

https://t.livepocket.jp/e/ays-7

 

 

 

20代から30代へ

昨日は誕生日でした。

 

私は誕生日が昔から苦手です。

憂鬱な気持ちになります。笑

 

べつに年齢を重ねたくない、とか

そういうわけではないんですけども。

 

なんか特別なことしなきゃいけないのかなー、、という

謎のプレッシャーがあるため

 

 

できれば誰にも会わず

誰とも接することなく

ひっそりと当日を過ごしたい、、

 

 

そんなことを毎回、考えています(∩´ω`∩)笑

 

 

今年もなるべく人を極力避けて過ごしました。。笑

 

---

 

 

今回の誕生日は節目でした。

 

f:id:mikari9:20181113154741j:image

↑たぶん20歳のわたし(すっぴん)

 

f:id:mikari9:20181113154916j:image

↑今撮った30歳になったわたし(真顔)

 

---

 

 

 

十の位が変わるので、やっぱり変な感じ。。

 

 

早いものでもう30代かあ。

 

世間体が今まで以上に気になったり

自分の人生、なにをしてきたか?を

今まで以上に問われるような感覚があります。

 

 

 

20代を振り返ってみましたが

いろんなチャレンジをしたなーと思います。

 

酸いも甘いも、、

うまくいったこと失敗したこと

経験は人一倍。

 

でも、20代のうちに

いろんなチャレンジをして、失敗を経験できたことは

とても誇りに思っています。

 

 

 

前は、社会人とはいえ

正直どこかで甘えがありました。

 

 

なにかあったら親が助けてくれると

無意識で思っていたと思います。

 

 

 

 

責任がこわくて

なにかを決めることがこわくて

いつでも逃げ道をつくりたくて

あっちにふらり、こっちにふらり。。

 

 

 

でも、社会に出てからの責任も取れるような

そんな覚悟もきまってきました。

 

 

『こんなふうに生きたいな〜』

といった漠然なところから

 

『これをやる人生にしよう』と

自然と決めることができました。

 

 

といっても何度もブレてます。

すぐ弱気にもなります。

でも、そのたび決断し直してきました。

 

 

 

20歳のときに

『みんなが笑いあえる社会になったらいいな。

私と接する人が笑顔になれるような自分でいたいな』

と浮かんだ想い。

 

 

これを形にできる10年間にします(*´ `*)

 

 

 

たくさんの出会いを大切に。

出会って下さる皆さま、ありがとうございます😊

 

 

 

 

 

 

 

 

一番に愛されたい人

あなたが一番、愛されたい人は誰ですか?

 

f:id:mikari9:20181113145613j:image

 

 

たくさんの人がいる中で

誰か、愛してくれたら。

 

 

どんなときも、どんなにときがたっても

いつでもどんな自分に対しても

愛してもらうことができたら

 

 

どんなに幸せだろうか、と

一度は思い描いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな人が1人いるだけで

どんなに幸せなことか。。

 

 

---

 

 

わたしはここ近年、とても強く思っているのですが

 

まず私は私に愛されたい。

愛してあげたい。

 

 

どんな自分でも

どんなにできなくても

どんなに衰えても

どんなにダメな自分だとしても

 

 

人を傷つけてしまったり

失敗してしまったり

期待に応えられなかったり

 

 

そんなうまくいかないことが

どれだけあったとしても

 

 

自分のしてきたとこをつぶさに観て

いろんな感情やズルさなども出てきて

 

 

それでも、

大丈夫だよって自分で認めてあげられたら。

 

 

 

----

 

 

人1人は完璧ではなく

全ての人に好かれることも

全てのことをうまくやることも

思い通りになんでもできることも

不可能です。

 

 

でも、だからこそ

できなかったことや、 

認めたくないようなダメな自分も

あなた自身が受け入れることができたら

 

 

 

人を責めることもなく

人に過度に期待することもなく

自分のすべきことに没頭できるようになる。

 

 

できる自分や

愛される自分だから好き、ではなくて

 

 

どんな自分もありのまま

まるっと受け入れ、愛せることができたら

 

 

今より人と人の争いが

ぐっと減っていくことでしょう。

 

 

自分が自分を愛せないのは

無意識に絶対だと思っている

「あなたの基準」が固定しているから。

 

 

その基準にあえばいいけど

少しでも外れたら認められない。

 

 

そんな不自由さがあるからです。

 

 

自分がもっている無意識の基準を明確にして

そこから自由に

自分も人も愛せますように。

 

 

 

あなたの問題の根本原因を明確にできます。
↓お問い合わせはこちらから。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/16558ddd571797

 

 

 

漠然とした不安が生まれる理由

心はどこにいくんだろうか。

 

 

f:id:mikari9:20181028230127j:image


「毎日、くりかえす日々の中で
ふと怖くなるときがある


ぽっかりと心に穴があいているような
なんともいえない気持ちが襲う

 


なにかが特別にダメなわけでは決してなくて
なにかが劇的にたりないわけでもなくて


ただなにかわからない得体の知らない不安がやってくる

 


このままでいいんだろうか
私の人生は今のままでいいのだろうか

 


こんな気持ちを感じても
忙しい日々の中で気持ちは薄れ
やることに追われる、そんなルーティー


『わたしの心はいったいどこに行ってしまったんだろう』」

 

 

f:id:mikari9:20181028230206j:image

 


ーーーーーーーー

 


現代人はとにかく忙しいです。


自分の気持ちを感じることもできないくらい
やらなくてはならないことにあふれています。

 


言葉にすることが難しいような
なんとも表現しがたい不安感。


それはなぜ起こるのでしょうか。

 

 


実は、全体が観えないからおこります。

 


自分は、人間は、なんのために生まれたのか
この世界は一体なんなのか


人間の根本的な問いはここから始まっています。

 


自分は一体何者なのか
その答えを知りたくて、追い求めて
さまざまな経験をしているとも言えるほどです。

 

 


根本的な問いをもって生きること…
その基準軸から物事を判断しないと
どうしても、漠然とした不安が出てきてしまいます。

 


なぜなら、
人間が存在した意味を追い求めることが
本質的な欲求だからです。

 


その根源的な問いを見ないようにして生きてしまうと
自分の本質とのズレを感じてしまい
どうしても不安感が襲ってしまうのです。

 

 


なんともいえない不安感を払拭するために必要なことは
自分の根源であり、宇宙の根源とつながっていくこと。


条件によって考えや感情が支配されるのではなく
自分が再創造できるようになること。

 

 


その基準にならない限りは
不安から自由になることはできません。

 

 

 


ーーーーー
あなたの考えの根本原因を明確にできます。
↓お問い合わせはこちらから。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/16558ddd571797

 

 

 

自然、不自然

こんばんは、みかりです。

 

わたしは人工的なものは嫌いでした。

 

自然なものが好き。
ナチュラルなものが好き。

 

f:id:mikari9:20181025185051j:image

 

でもここ最近は
人が創りあげるものって素晴らしいなあって
感じられるようになりました。

 

 

f:id:mikari9:20181025185109j:image

 

ほんとになにもなかったところから
華やかに造形することができるって
奇跡のような素晴らしさだよなーと。

 

f:id:mikari9:20181025185403j:image

 

自然的なものしか本物はない、と思っていたけど
そもそも本物も偽物もありはせず

 

海の美しさと同じくらい
パレードの美しさも素晴らしいもので
優越をつけたりするものではなかったのだと
しみじみ。

 

f:id:mikari9:20181025185408j:image

 

 

無自覚的に上下をつけたがる自分の心を感じながら
どっちも融合していける可能性をみつけたような。。。

 

 

それはあらゆることに当てはまっており
じっくり味わう日々を過ごしております。

 

 

 

感動の出会いをするためには


毎日がマンネリになっていませんか。


『子どもの頃って
ちっちゃいことができただけでも
何日間も嬉しい感情が続くくらい
心が踊っていたはずなのに


嬉しいも、悲しいも、怒りも、
いろんな感情が欠落してるような気がして
なんだかロボットみたい…


いつからなのか
できてないことばかりに目がいってしまって
できるのは当たり前、
できないところを直すことにいっぱいいっぱい

 

褒められたとしてもプレッシャーで
指摘されると不安になって
目の前のことをやるのに精一杯。。。』

 

ーーー

 

自分の今までを振り返ってみても
周りの人をみてみても
そういった人が本当に多いと感じています。


できることが当たり前で
できないことは白い目で見られ


そんな無言の圧力の中で
心が動かなくなっていくのは当然のことだと思います。


そんな社会という海の中で
鬱の人が増え、自殺率が高まることもうなずけます。


ーーー


でも私は思うのです。
こんなロボットみたいな心でどうするんだろう、と。


技術の開発がどんどん進んでおり
ロボットよりできることはなくなっていくというのに
人間がこの現状でいいのだろうか?

 

人間にしかできないことや、
人間でしか味わえない感動を
とことん、味わわなくてどうするのだろう。


そんな今の人間の限界を切に感じています。


ーーーーー


スポーツ観戦や、海外旅行、ドラマやテレビ、
アイドルのコンサートや舞台鑑賞など

自分の外側の刺激でしか感動を生み出せないのなら


それはとても悲惨なことだと思います。

 

環境によってしか自分の感情を作れない人間から

自らが感動をを生み出す主体になれること。

 

それがこれからの時代に人間がやることです。

 

f:id:mikari9:20181016070617j:image


ーーー

 

 

私は自らが主体となって感動をつくる人を増やしたい。


そんな変化をつくっていきたい方、ぜひご連絡ください(*´ `*)

認識が変化することで、感動の次元が変わります。


ぜひ繋がりましょう〜!


↓お問い合わせ・ご連絡はこちらから。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/16558ddd571797

 

マンネリの毎日から抜け出すために


毎日がマンネリになっていませんか。


『子どもの頃って
ちっちゃいことができただけでも
何日間も嬉しい感情が続くくらい
心が踊っていたはずなのに


嬉しいも、悲しいも、怒りも、
いろんな感情が欠落してるような気がして
なんだかロボットみたい…


いつからなのか
できてないことばかりに目がいってしまって
できるのは当たり前、
できないところを直すことにいっぱいいっぱい

 

褒められたとしてもプレッシャーで
指摘されると不安になって
目の前のことをやるのに精一杯。。。』

 

f:id:mikari9:20181012160229j:image

 

ーーー

 

自分の今までを振り返ってみても
周りの人をみてみても
そういった人が本当に多いと感じています。


できることが当たり前で
できないことは白い目で見られ


そんな無言の圧力の中で
心が動かなくなっていくのは当然のことだと思います。


そんな社会という海の中で
鬱の人が増え、自殺率が高まることもうなずけます。

 

f:id:mikari9:20181012160355j:image


ーーー


でも私は思うのです。
こんなロボットみたいな心でどうするんだろう、と。


技術の開発がどんどん進んでおり
ロボットよりできることはなくなっていくというのに
人間がこの現状でいいのだろうか?

 

人間にしかできないことや、
人間でしか味わえない感動を
とことん、味わわなくてどうするのだろう。


そんな今の人間の限界を切に感じています。


ーーーーー


スポーツ観戦や、海外旅行、ドラマやテレビ、
アイドルのコンサートや舞台鑑賞など

自分の外側の刺激でしか感動を生み出せないのなら


それはとても悲惨なことだと思います。

 

環境によってしか自分の感情を作れない人間から

自らが感動をを生み出す主体になれること。

 

それがこれからの時代に人間がやることです。

 

f:id:mikari9:20181012160857j:image


ーーー

 

私は自らが主体となって感動をつくる人を増やしたい。


そんな変化をつくっていきたい方、ぜひご連絡ください(*´ `*)

認識が変化することで、感動の次元が変わります。


ぜひ繋がりましょう〜!


↓お問い合わせ・ご連絡はこちらから。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/16558ddd571797