お金の使い方から読み解く 人生論

宇宙の外から変化を起こす『認識技術(n-tech)』を活用し、お金の使い道からOneWorldをつくる方法を書いていきます。

9.11から始まった社会への絶望、そして今

 

今、自分の過去を振り返ってみて
大きなターニングポイントだな…と思うことのひとつに、9.11があります。

 

 

9.11自体は、正直あまり印象に残ったわけではないのですが

その事件を起点として繰り広げられていく社会情勢に
中学生時代の私はどんどんと不信を深めていきました。

 

 


当時の私は学生生活においても、
人1人をバカにしたり、おとしいれたり、悪口を言ったり…
そんな場面に出くわすことも多く


当たり前に人を大切にしたり、尊重したり、愛することができない
そんな人間一人一人の中にある争いの種を感じていました。

 

 


いま、この時代で
遠い世界のことも
身近な人たちの間でも
いつまでたっても争いは終わらない。

 

 

そんな社会に生き続けなくてはならない自分の未来を思い
諦めと絶望を深く胸に刻みました。

 

 


でも、そんなことを本気で考えたり、話したりする機会すら
普通に日常を過ごしていたらほとんどなくて
人に伝えることもできずくすぶっていました。

 

…が。

 


そんな争いを繰り返してしまう人間の現在地に明確にストップをし
新しい方向性へとスタートさせる

 


それができる技術や、方法が
ここ日本で生まれています。

 

f:id:mikari9:20180912123353j:image

 

 

9.11から始まった年に一度のイベント

今年で16年目を迎えます。

 

 

今年も運営に携わることになりました。


ぜひ、体で、心で、出会いに来てください。

ご参加お待ちしております。

 

 

 

↓申し込み・詳細は下記よりご確認ください。

https://t.livepocket.jp/e/peace-renaissance2018

 

======================
10.7 Peace Renaissance
『JAPAN SHIFT 2018 〜沈黙を破り、世界に力強く発信する日本へ〜』
======================

10.7 Peace Renaissanceは今年で16年目を迎え、累計6000名近い方々にご参加頂いているムーブメントです。
今年も「JAPAN SHIFT」をテーマに、世界を股にかけて活動しているゲストをお招きし、真の平和と、世界の枠組みにおける日本人の役割についてトークセッションを行っていきます。
この機会に「世界」と「これからの生き方」について一緒に考えてみませんか?

▼10.7ピース・ルネッサンスとは

2003年より、10.7 Peace Renaissance のムーブメントを開始しました。
2001年10月7日は、9.11のテロへの報復を理由に、アメリカが戦争意志のないアフガニスタンへ先制攻撃をしてしまった日です。この「10.7」を平和へのターニングポイントにするためのPeace Dayとして日本から世界に発信し、平和をつくる一人ひとりを育てる和心の教育を応援しています。

▼開催のご案内

いよいよ2年後に迫る東京オリンピック
世界中が日本に注目するその年、私たちはどんなメッセージを世界に向けて発信すべきなのでしょうか?

SNS全盛の現代は、一人一人のメッセージこそが日本のメッセージ!
一人一人が変われば、日本が変わる!

当日は、希望に満ちた日本の未来像をお持ち帰りいただけると思います。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております!


≪イベント概要≫
10.7 Peace Renaissance
『JAPAN SHIFT 2018 〜沈黙を破り、世界に力強く発信する日本へ〜』

第1部 トークセッション① 〜アジアの涙と新しい教育のカタチ〜
「平和を阻害する要因とは?」「戦争の根本原因とは何なのか?」
私たちの日常の人間関係とも深く繋がってくるこれらの問いに対し、アジアで活躍するお二人のゲストと共に、楽しくも真面目に考えていきたいと思います。

第2部 トークセッション② 〜全世界に力強くメッセージを発信する日本づくり〜
Peace Renaissance提唱者のNoh Jesu氏と、世界的カンファレンス「Wisdom2.0」に一般枠で登壇した唯一の日本人である内海昭徳氏によるVISIONトークセッションです。
「日本発の平和技術”nTech”とは?」「2020年に日本が大反転してしまう理由とは?」「日本人が発信していくべきメッセージとは何なのか?」について熱く語っていただきます。


◆開催日時◆
2018年10月7日(日) 14:00〜16:30(13:30開場)

◆場所◆
新宿NSビル NSスカイカンファレンスホールAB
NSビル30階
(東京都新宿区西新宿2丁目4番1号)
新宿駅から徒歩7分
地図 http://www.shinjuku-ns.co.jp/about/access.php
◆参加費◆
前売 一般2000円(税込) 学生1000円(税込)
当日 一般3000円(税込) 学生2000円(税込)

◆定員◆
300名

※定員になり次第締め切らせていただきます。ご了承ください。
◇誹謗中傷及び法律に違反した投稿は、管理者権限で削除または除籍させて頂く事が有りますので、予めご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<主催>NPO法人PBLS
<URL>10.7Peace Renaissance http://www.peace-renaissance-japan.org/
NPO法人PBLS http://www.pbls.or.jp/
<お問い合わせ>info@pbls.or.jp

 

 

時代の方向性と人ひとりが目覚めるということー認識技術(nTech)と人間1人の可能性②

前回の続きです。

 

認識技術(nTech)は役に立つ技術なのか?

 

その答えを出すヒントが、人間の現在地を知ることです。

 

 



人類が誕生してから500万年間と言われています。

そのときから比べたら時代は大きく変わりました。

さまざまなものが発明され
狩猟採集の時代から農業革命によって、食料の自給ができるようになり食環境が改善されました。

その後、科学技術の発達により産業革命が起きることで、多くの物商品が開発され
物質的にはかなり満たされてきていることと思います。

さらにIT革命が起きコンピュータが開発され、
AI、人工知能の進化発達もめざましく、人間を超える知能を持つ存在も出てきており


人間の外側である環境自体は大きく変化しています。

 

ですがはたして
その環境の中で生きている『人間そのもの』『人間の中身』は変化していると言えるでしょうか。


そのやり方や形は違えど、
人は人を憎み、争い、攻撃しあっている…

人とわかりあい、愛し合うということができず、
自分や自分たちのの私利私欲に溺れ、平和をつくることができない…

 

そういったことを今も昔も変わらずやり続けている

…これが人間の現在地です。

 


 

残念ながら本当にそうです。


日本社会を見てみても

鬱・自殺をする人は年々増加し
多様な情報に踊らされ、知識をつければつけるほどどんどん苦しくなっています。

なぜ、なんのために生まれてきたかも分からず
かといって死ぬこともできないので

自分の今いる環境の中でなんとかできること、決まった選択肢の中で
なんとなく納得できそうなものを選んで生きている。


まさに『死ねないから生きている』状態です。

f:id:mikari9:20180910010013j:image


 

人間の外側だけを開発・開拓してきたこの500万年の人類歴史ですが

それでは明らかに限界だと言えると思います。

 

 

認識技術(nTech)は人間の内側を開発・開拓していく技術です。

 

『自分と自分の宇宙が実在しない』ことを明々白々に理解できることで

自分と相手、自分と世界、自分と宇宙との境界線がなくなっていきます。

 

つまりそれは差が取れた世界、悟りの境地であると言えます。

 

そのように、真理そのものが自分になって生きること…
このことにとても大きな意味があります。


この体の自分を超えて
過去からつくった思い込みを手放して
可能性そのもので生きることで
既存の人間の生き方を超えていくことができます。


自分の価値、尊厳、可能性があまりにも小さくさせられ
できることの範囲も限りなく押しつぶされている人間の現在地を
こんなものだ!と決めつけてしまうことは
どれだけ悲惨で残酷なことなのか…


人間が愛しくてたまらない、愛したくてたまらない
そんな認識を持つことができるのが認識技術(nTech)。

 

 


まずはその全体像を知っていただくことをオススメしています。

f:id:mikari9:20180911130229j:image


https://youtu.be/4AAQmZBAg5c
(紹介映像です↑)

創始者であるNoh Jesuが行なっている1日のセミナーがあるので、
もしよければぜひいらしてください。


http://www.nr-japan.co.jp/nohjesu/index.html

次の時代に必要な新しい感覚ーー認識技術(nTech)と人間1人の可能性①


このブログは認識技術(nTech)をベースにして作成しています。

 

今回は、

そもそも認識技術(nTech)とはなんなのか?

 

ということについて書いていきたいと思います。

 

ーーーーー


いろいろな言い方ができますが…

 

一言で表現すれば
『人間の認識の次元を上昇させる技術』です。

 

 
今まで私たちは、目に見えるものだけ・耳で聞こえるものだけ・触れるものだけ…

つまり5感覚で感じることのできるものだけしか認識していませんでした。


そんな5感覚脳を飛び越えていく感覚を身につける技術が認識技術(nTech)です。

 

f:id:mikari9:20180910000950j:image

 


ーーーーー


『??????』

となってしまいそうな説明ですよね。笑


そんな能力どうやって身につけるの?
スピリチュアルみたいな感じ??
超能力開発とか???

・・・とりあえず、あやしいー。

 

といったような疑問が浮かぶのは正常だと思います。

かくいう私もそうでした。。。

 


『模様形があるままで 自分と自分の宇宙が消えていく感覚』


そんなこと言われても、まったくイメージできないですし
わかるような分かんないような、でもやっぱりよく分かんない感じ…

 

 

なんとなくすごそう…かも?といったような印象を受けるかもしれませんが

ここでまた違った疑問も出てきます。

 

 

それは、

 

そもそもそんな技術は必要なのか?
なんのために発見・発明された技術なのか

…ということです。

 

 

いくらもしすごい技術であったとしても

ぜんぜん使えない、あっても意味がない技術だとしたら

それは必要だとは言えませんよね。

 

 

果たして認識技術(nTech)は役にたつ技術と言えるのか??

 

その答えは意外や意外、人間の現在地をみれば見えてくるのですが…

 

すこし長くなってしまいそうなので、後半に続きます。。。

 

f:id:mikari9:20180910001527j:image

 

 

 

 

お金の本質とマネーゲーム

こんなブログをやっていますし

今に始まったことではないのですが・・・

私はお金に興味があります。

 

 

『お金のせいで、戦争は終わらないんだ』

 

お金の方が人間より価値が高い仕組みになっている
資本主義国家の姿をみたとき

 

私は世界に絶望しました。
中学2年生のときのことです。

 

 

なんだ、
私がいだいていたキレイな世界は幻想だったのか、と


世界に絶望し、人間存在自体を不信する
私にとって大きな出来事でした。

 

 

もちろん
資本主義の制度が生まれた背景とか、
お金の本質とか、
そんなことは全然分かっていなかったです。

 

 

けどとにかく
お金に対して悪いイメージが入りました。

 

汚いところにお金が流れるのがいけないんだ!
と思って

 

どうすればお金を少しでも自分が稼げるのだろう?
と考えていたときもあったけど

 

 

私はそもそもお金に悪いイメージを持っていたため
お金を稼ぐためには頑張れませんでした。

 

ーーーーー


資本主義はお金で全ての価値を計るため
お金のことときちんと向き合うことは
とっても重要なことだと思います。

 

 

お金をどう思うのか、で
その人のいろんな価値観がみえてきます。

 

 

そういったこともあり
お金とか資本主義システムとか、
そういうことに関して学びを深めています。

 

 

だいぶ私はお金さんと出会い直しして
仲良くなってきました。


そうしたら生活も心もゆとりがでてきました。
ありがたいことです(*´ `*)

 

 

f:id:mikari9:20180904115055j:image

 

 

写真の本は
ちょっと息抜きで読んでみた本。

http://www.aiueoffice.com/type_elephant/

 


物語調ですごい読みやすかったです。

 


人の心がお金によってどれだけ左右されるか

 

人とお金の関係性はどうなっているのか

 

そういうことが分かりやすく書いてある本です。

 

 

ある投資の話で物語が進むのですが。。
私はお金がお金を生み出す、マネーゲームは苦手です。

 

投資の本質をみないで
お金を増やすためだけに投資するっていう
そういうのが私は性に合いません。

 

 

私もそれなりの額を企業に投資してますが
本気でそこの企業と向き合って
同じビジョンを観たかったから。

 

 

本来の投資の意味から
投資という仕組みが使われるべきなので
そこをきちんと伝えられる人になるべくこうして発信しています。

 

 

お金はやはり大切ですね。

認識技術(nTech)で解析するお金の本質もとっても興味深いので

多くの人に学んでほしいことのひとつです。

 

 

 

切なさの魔法


せつなさ120パーセント
この感情が好きだ。

 

f:id:mikari9:20180903202806j:image

 

諸行無常の響きあり…

 

大切なものは手にすることができず

どれだけ愛しい時間さえも

とどめることは決してできない。

 

 


今しかないという刹那的な感覚が
愛しいなあと思うのです。

 

 

全体を観て

今自分がなにをしたらいいのか

なにに時間を使うのか

つまりはどこに自分の命を使うのか

 

そんなことを考えることが増えて

命の愛しさを感じています。

 

 

なにもなくても

すべてがあっても

 

どちらにいっても素敵だと思う

 

その心そのものこそが
なによりも愛おしい。

 

【ペンギン・ハイウェイ】


『世界の果てを探すのだ!』

 

ペンギン・ハイウェイ】を先日観てきました。

  f:id:mikari9:20180903131337j:image

 

予告編はこちら↓

https://goo.gl/images/j5sEst

 

 

 

やーー
私、日本のアニメが好きでして
映画といえばアニメばっかり。

 

 

おもしろかったーーー
興奮しました!笑

 

 

宇宙の果てについての問いとか
時空間の歪みとか

 

この世界の裏側の世界をアニメーションで表現してたり

ひたむきに課題に取り組む姿勢とか
心の中にある矛盾する二面性と葛藤とか

 

 

とにかくなんか
きゅーーーーーんとしました(*´꒳`*)

 

 

でも、、、
なんとなく、評判は
微妙になるかも…?と個人的には思いました。笑

(…と思いましたが、そういうわけでもないみたいですね)

 

 

わかりやすい結末じゃないので・・!

でも私はすごく好きでした。

夏は私が好きな感じのアニメ映画が出るからすごい嬉しいのです(*´-`)

 

 

そしてー!!!

ここからは思いっきり、私個人的なことではありますが
こんなに映画を楽しんで観れるようになったことがとても嬉しい!

です。

 


映画ほんとに苦手というか嫌いだったので…!


でも映画ってすごく面白い!
映画を通して気づきがモリモリ出るようになりましたー
そしてそれをシェアするのも楽しいしね!

ペンギンハイウェイ

ただのSFじゃない深さがあります。
よければぜひ観てくださいね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

http://penguin-highway.com

 

人と人が繋がるのに必要なもの

『人と人が繋がるために
必要なものってなんだろうか』


私はもともと社会貢献事業にも興味を持っており
学生時代に様々な活動に参加してきました。

それは、人と人が繋がれるようになりたかったから。
幸せな社会を作って、幸せな人たちに囲まれて
そうして、世界中が幸せになって欲しいと思っていたから。


そのために環境をよくするために環境問題に取り組み
格差をなくすために途上国へ行き
みんなで幸せになる社会を創るため、自分にできる範囲で行動をしてきていました。

 

そんな私が社会人になって、
『人と人が繋がるために必要なもの』を考えたときに出た私なりの答えは
【コミュニティとお金】でした。

 

その2つがあるから繋がれる…

そんな、条件状況によって左右するものでしか
基本的な人間同志は繋がっていけないものだ、と。


けれどそれはとても自然で当たり前なことだと思っていました。

いくら良いことを言っていたとしても
結局、その条件状況から外れてしまったら、
当然のように人の心は離れてしまうものである、と。


そのことが切なくもありましたが、
でも当たり前のことで、

目的が変われば、メリットがなければ
深い繋がりは簡単に途絶えてしまう…

そんな結論を自分の中で弾き出していました。

条件によらない関係性を築くことに対する深い諦めを刻んだのです。


ーーーー

そんな諦めを蓄積していたときに私が出会ったのが認識技術(nTech)でした。
しっかり学びたいと思い、研修に参加しこの技術を体得していく中で
自分の腑に落ちていったことがあります。


ー同じ1つの世界を共有できたら
同じ未来のビジョンがあれば

こんなにも安心で
安全で
幸せで
満たされている
関係性を構築できるー

 

条件状況によって変化しない
ずっとずっと欲しかったものを

今ここ、常に
感じることができるようになっていったのです。

 

——-

そんな認識技術(nTech)の公式ホームページがリニューアルされたようなので
ぜひご覧くださいませ!
http://www.nr-japan.co.jp