アラサー働き女子のための 出会い革命

意識と無意識を繋げる『認識技術(n-tech)』を活用し、日常の変化からOne Worldまでの出逢い革命を起こします!日本リライズ協会設立準備委員会共同代表

わけのわからない社会の原因ーーマイストーリー②

ーー『わけが分からない社会』から『わかり合えるのが当たり前』の社会環境づくりのため
nTech(認識技術)で世界をリライズさせていくーー

 

こんにちは、みかりです。

 

数回にわたって、自分の過去のストーリーをお届けしています。

今回は2回目になります。

 

ーーーーー

 

こんなにもわけが分からない社会に私たちは生きていて
人間同士、わかり合うことが難しいのならば


上辺だけでも傷付かないように
笑顔で頑張って、でも深入りされないように心を守る…

そんな風に生きていこうと
わかり合うことを諦めていたいた時に
認識技術(nTech)と出会いました。


ーーーーー

出会ってまず衝撃を受けたのが
人間はみな共通して『認識疾患』だということです。


認識疾患とは、
自分が固定して持っているイメージから自由になることができず
知識や体験経験が増えれば増えるほど、その固定概念は強化になっていき
しかも無意識深く刻み込まれた決めつけに疑問を持つこともできずに
鵜呑みにしてしまっている状態のことです。


私たちは自分の持っている判断基準に固定した状態で人と出会っています。
これはどういうことかといえば、
判断基準が完璧に同じなことはありえないので
本当の意味で分かり合えることは不可能な状態である、いうことです。

 

人間に対してある程度諦めがあったとはいえ
人間に秘められた可能性や美しさも信じていた私にとって

このことはとても衝撃的で、受け入れがたいことでした。

 

今のままの人間同士では『分かり合えること』はそもそも不可能であり
そんな人たちが集まった社会秩序では戦争が終わることはあり得ない…
そのことを理解してしまったのです。

 


どうしてこんなに科学技術やIT技術の開発により、生活が豊かになった現代社会においても
国と国の戦争はもちろんのこと、個人間での争いも終わることを知らないのか。

 

そんな人類が500万年間ずっと抱えてきた限界と
それによってあらゆる問題が生み出されているという現在地が分かったからこそ

 

『じゃあどうしたらいいのか?』

 

そんな解決策も同時にみることができました。

 

 


ーーーーー


自分の観点から自由になれないことが問題だとしたら
その創り上げられた観点をオールゼロ化させること。

思い込みもない、悩みも不安もない、

自分と自分の宇宙は存在しない。

 

その全くなにもない、無境界線の世界が当たり前の共通土台をつくること…

まずここからだということがわかりました。


無境界線の世界から、どうして模様形があるように見えるのか。

そんな無から有が生まれる仕組みを明確に理解するために

人間一人ひとりの認識のバージョンアップが必須であることが見えてきたのです。

 

 

 

その③へつづく