アラサー働き女子のための 出会い革命

意識と無意識を繋げる『認識技術(n-tech)』を活用し、日常の変化からOne Worldまでの出逢い革命を起こします!日本リライズ協会設立準備委員会共同代表

時代の方向性と人ひとりが目覚めるということー認識技術(nTech)と人間1人の可能性②

前回の続きです。

 

認識技術(nTech)は役に立つ技術なのか?

 

その答えを出すヒントが、人間の現在地を知ることです。

 

 



人類が誕生してから500万年間と言われています。

そのときから比べたら時代は大きく変わりました。

さまざまなものが発明され
狩猟採集の時代から農業革命によって、食料の自給ができるようになり食環境が改善されました。

その後、科学技術の発達により産業革命が起きることで、多くの物商品が開発され
物質的にはかなり満たされてきていることと思います。

さらにIT革命が起きコンピュータが開発され、
AI、人工知能の進化発達もめざましく、人間を超える知能を持つ存在も出てきており


人間の外側である環境自体は大きく変化しています。

 

ですがはたして
その環境の中で生きている『人間そのもの』『人間の中身』は変化していると言えるでしょうか。


そのやり方や形は違えど、
人は人を憎み、争い、攻撃しあっている…

人とわかりあい、愛し合うということができず、
自分や自分たちのの私利私欲に溺れ、平和をつくることができない…

 

そういったことを今も昔も変わらずやり続けている

…これが人間の現在地です。

 


 

残念ながら本当にそうです。


日本社会を見てみても

鬱・自殺をする人は年々増加し
多様な情報に踊らされ、知識をつければつけるほどどんどん苦しくなっています。

なぜ、なんのために生まれてきたかも分からず
かといって死ぬこともできないので

自分の今いる環境の中でなんとかできること、決まった選択肢の中で
なんとなく納得できそうなものを選んで生きている。


まさに『死ねないから生きている』状態です。

f:id:mikari9:20180910010013j:image


 

人間の外側だけを開発・開拓してきたこの500万年の人類歴史ですが

それでは明らかに限界だと言えると思います。

 

 

認識技術(nTech)は人間の内側を開発・開拓していく技術です。

 

『自分と自分の宇宙が実在しない』ことを明々白々に理解できることで

自分と相手、自分と世界、自分と宇宙との境界線がなくなっていきます。

 

つまりそれは差が取れた世界、悟りの境地であると言えます。

 

そのように、真理そのものが自分になって生きること…
このことにとても大きな意味があります。


この体の自分を超えて
過去からつくった思い込みを手放して
可能性そのもので生きることで
既存の人間の生き方を超えていくことができます。


自分の価値、尊厳、可能性があまりにも小さくさせられ
できることの範囲も限りなく押しつぶされている人間の現在地を
こんなものだ!と決めつけてしまうことは
どれだけ悲惨で残酷なことなのか…


人間が愛しくてたまらない、愛したくてたまらない
そんな認識を持つことができるのが認識技術(nTech)。

 

 


まずはその全体像を知っていただくことをオススメしています。

f:id:mikari9:20180911130229j:image


https://youtu.be/4AAQmZBAg5c
(紹介映像です↑)

創始者であるNoh Jesuが行なっている1日のセミナーがあるので、
もしよければぜひいらしてください。


http://www.nr-japan.co.jp/nohjesu/index.html