アラサー働き女子のための 出会い革命

意識と無意識を繋げる『認識技術(n-tech)』を活用し、日常の変化からOne Worldまでの出逢い革命を起こします!日本リライズ協会設立準備委員会共同代表

東北を応援したい東京に住む人へ

突然ですが

私は東北出身です。

 

福島県で生まれ育ちました。

 

 

今、東京にきて12年経つのですが

地元の外に出て思うのが

「めちゃくちゃ閉鎖的だったなー。。」

ということです。

 

 

---

 

井の中の蛙大海を知らず』

ということわざもありますが

 

 

私自身がまさにそれで

特に中学生までのわたしにとっては

地元が世界のすべてでした。

 

f:id:mikari9:20181113190411j:image

 

↑実家からの風景

 

 

 

ご近所づきあいが密だからこそ

隣近所の人にどう思われるかが気になるし

噂もすぐに広まります。

 

 

私は人一倍

相手にどう思われるか、気にしていたと思います。

 

 

『〇〇さんちのみかりちゃん』

という風に呼ばれることも多いため

 

家族が変に思われないようにも

いい子でいるようにしていました。

 

 

同級生も少なく

ほとんど同じメンバーで9年間すごし

とにかく、息苦しかった。

 

 

こういった感覚というのは

田舎独特のものだったんだなーと

今になっては思います。

 

 

 

---

 

 

地元が好きか?!

と問われたら

私はあまり好きではないです。

 

 

閉鎖的で

新しいことには不信がおきて

コミュニティに縛られている。

 

 

いやだなー、と思いつつ

でも、、

どこかでやっぱり気になっています。

 

 

 

3.11の東日本大震災があった後からは

福島出身というだけで心配され

今までと地元のみられ方が大きく変わったことに

一人で涙したことも何度かあります。

 

 

意識的には思っていなくても

無意識的に、やっぱり好きなんだなー。。

なんて思ったりします。

 

 

 

東北が、もしも元気になったら

可能性がすごくあるなって感じています。

 

それくらい、限界も多い地域だから。

 

 

 

 

私の仲間で、

東北を元気にしよう!と

奔走している子がいます。

 

その子の活動をみていると

頭が下がります。。

 

 

ありがたいなあと思って。

 

 

 

そんな彼女がゲストに呼ばれている

東北応援のイベントが今週末金曜夜に開催されます!

 

 

ぜひ、ご興味ある方、

一緒に参加しましょう(*´ `*)

 

 

詳細はこちらです↓

https://t.livepocket.jp/e/ays-7