アラサー働き女子のための 出会い革命

意識と無意識を繋げる『認識技術(n-tech)』を活用し、日常の変化からOne Worldまでの出逢い革命を起こします!日本リライズ協会設立準備委員会共同代表

25歳で結婚したかった私

先日30になった私ですが

実は25歳で結婚したかったのです。

 

f:id:mikari9:20181120222749j:image

 

 

 

世界の人がみんな幸せになったらいいなあ〜

と、漠然に思っていた私。

 

 

『幸せの最小単位は家族やん』

 

と思ってから

あ、じゃあ、私も家族作らなきゃ!

という思いがむくむくと湧いてきて

 

そこから、

『家族を作ろう!』

『となると、結婚せねば』

という、単純な思考から

結婚したいなあ、と思うようになりました。

 

シンプル。笑

 

 

---

 

とはいえ、実際には結婚しておりません。

 

…たぶんしようと思えばできたかもなあー思うこともあります。

(思うのは自由)

 

 

 

でもここまで結婚してないのは

 

それよりも優先してやりたいことができた!

ということが大前提ではあるのですが

 

 

 

『あ、そもそも自分に幸せな家庭つくれる器ができてなかったじゃん』

 

 

というところがあります。

 

---

 

 

結婚というのは

当たり前ですが1人ではできません。

 

1:1のパートナーシップがあって、

2人がひとつのコミュニティをつくっていきます。

 

 

これって実はすごいことですよね。

 

『私』という個人を手放して、

『家庭』という集団を形成していく。

 

今までは自分で決めてできていたものも

 

『家庭』という集団にそぐわなければ、自由にできなくなるということです。

 

 

 

今まで自立して生活している人にとってしたら、

それだけ自分を制限する、といった見方をすることもできます。

 

 

そんなリスクを背負ってまで一緒にいると決める、結婚相手というパートナー。

 

 

甘くて楽しいことだけではとうてい済まないわけです。

 

 

果たしていったいどれだけの人が

ここまでの覚悟があるのかは、いったん置いておきますが、、

 

これって、、すごいことをチャレンジしてると思いませんか?

 

 

---

 

そんなちょっとハードルが高い『幸せな家庭を築く』ということですが

 

 

そのためにぜっっっったい外せないポイントがあります。

 

 

経済力?

身長体重?

経歴?

趣味?

家族構成?

フィーリング?

タイミング?

ハプニング?

 

 

いやいやいや、、もっと大切なことです。

 

それは、、

 

 

『相手の話を聞ける力』

です。

 

 

「えっ、、そんなこと?

そんなのできてる人がほとんどでは、、」

 

なーんて思う方もいるかもしれませんが

 

 

実は、人って

人の話を全然聞いていません。

 

聞いてるようで聞いてない。

いくら自分では真剣に聞いてるつもりでも、

さーっぱり聴けてません。

 

そんなまさかーって以前の私なら小馬鹿にするような話ですが、

 

本当です。

青ざめて恥ずかしくなるくらいです。

 

 

…長くなってしまったので、続きはまた次の投稿で。。

 

 

『結婚する前にー続・25歳で結婚したかった私』

http://mikari9.hatenablog.com/entry/2018/11/22/072127